「夜の洗顔」の正しいタイミングって?湯船に入る前?入った後?

mokoo1

 

「夜の洗顔」と言えば、入浴中におこなうのが一般的ですが、ここで気になるのが、「浴室に入ったら、湯船に入る前に洗顔するべきなのか、それとも湯船で温まってから洗顔するべきなのか」という点ですよね。

 

これについては、できることなら「湯船に入った後に洗顔する」というのがおすすめです。

 

なぜかというと、「洗顔してから湯船に入る」という状態だと、浴室の状況によっては、洗顔後に肌乾燥を起こしてしまうケースがあるからなんですよ。

 

 

 

 

   なぜ湯船後がオススメなのか?

 

「湯船から出る湯気のスチーム効果があるから、乾燥なんてするわけない」と思われるかもしれませんが、たとえば「夏場の、ぬるめのお湯の湯船」では、あまり湯気はたたないので、湯気によるスチーム効果よりも、洗顔後の顔の水分蒸発のスピードのほうが上回ってしまう可能性が高い、と考えられるのです。

 

また、さらに暑い日だと、湯船に入ると汗がどっと出てしまうため、「せっかく洗顔したのに汗で汚れる」という状態になるのも、湯船に入る前の洗顔がおすすめできない理由のひとつです。

 

ws000000

 

じゃあ、浴室の湯気の量がじゅうぶんな冬場の場合はどうなのかというと・・・「寒さによる影響で、顔についたメイクや皮脂などの油汚れが硬くなって落ちにくくなっている」という事実があるため、やはり湯船に入る前の洗顔はおすすめできません。湯船に入ってから洗顔したほうが、顔が温まっているので油汚れもやわらかくなり、落ちやすくなるんですよ。

 

こうした情報をまとめると、基本的には「季節を問わず、洗顔のタイミングは湯船に入った後がおすすめ」ということになります。

 

ですが「湯船に入る前に洗顔しないと、どうしても気持ちが悪い」という人もいるでしょう。

その場合は、夏場なら「少しでも湯気が多く顔に当たるよう、浴槽のフタは顔の部分だけ開けて他は閉める」「湯船からあがった後は、サッと顔の汗を洗い流す」という工夫をし、冬場なら「入浴前に顔を温めて、油汚れをやわらかくしておく」という工夫をしておくのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です