カウブランド 青箱の方がオススメなその理由!

130929-R0032342-624x468
今回は、あの有名な(?)カウブランドの石鹸をご紹介したいと思います。
箱入り石鹸の中でもとりわけ有名な石鹸がカウブランドの石鹸ではないでしょうか。

『実家の押入れや脱衣所には、“青い箱にウシのマーク”の石鹸の記憶が…』
『お中元やお歳暮の時期に、ナゼかこのウシ石鹸が贈られてくる…』

という方も少なくないはずです。

それもそのはず。
カウブランドは1928年に日本で誕生して以来、
ずっと国民ブランドとして愛され続けてきた石鹸のブランドだからなんです。
つまり、約100年近くもあらゆる種類の石鹸の中で生き続けてきた石鹸なんですね。
カウブランドが販売する石鹸には大きく分けると2つありますが、
ここでは“青箱”の方を中心にご説明します。

カウブランドの石鹸について

“ウシのしるし”から分かる通り、
実際にカウブランドの石鹸にはミルク由来の乳成分が乳脂として含まれています。
青・赤箱共にミルク成分が用いられているため、
洗い上がりがしっとりとして肌なじみが良いと言われています。

yun_2312

青箱の特徴

カウブランド石鹸の中でも、青箱の方は、
“さっぱりとした仕上がり”がキャッチコピーが付けられている通り、
赤箱よりもサラリとした触感だと言われています。

また青箱は、サッパリとした仕上がりと共に、
爽やかな香り(ジャスミンの香り)がするところに大きな特徴があります。

このようにさわやかでソフトな泡が作られるカウブランドの青箱は、
混合肌~脂性肌の方にピッタリな石鹸です。
●青箱石鹸の効能

ミルク成分を用いつつも洗い上がりがサッパリした泡となるよう成分配合されているため、
カウブランド石鹸の青箱は、

・体がべとつきがちな夏でも皮脂をさっぱり洗い流せる
・泡がやわらかで泡を流す際の泡切れが良く、汚れがスッキリ落とせる
・ニキビができてしまうような皮膚環境が改善される

という効能があるようです。

青箱石鹸の評判

大手ネット通販などの口コミを見ても、

・安いのに刺激が少なくて使いやすい
・サッパリしているのでオイリー肌な私でも綺麗になれる
・体中がツルツルして爽やかになる

といった、低価格石鹸とは思えないほどの評判を得ていることが判明しました。
やはり長い歴史の中でも愛され続けてきた石鹸は、どこか違うようです。

 

洗顔石鹸マニア【もここ】が洗顔石鹸完全ガイド&ランキング はこちら☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です