コーセー米肌の洗顔石鹸を通販で購入してみたので感想を♪

待ちに待った、コーセー米肌(MAIHADA)の肌潤石鹸が届きました!

肌潤石鹸は、鉱物油や石油系の界面活性剤を使ってないので安全性が高く、しかも洗い上がりが潤う、という評判だったので、超期待してます。

 

私、乾燥肌でしかも敏感肌なもので、洗い上がりが突っ張る洗顔料や、鉱物油や石油系界面活性剤を使った洗顔フォームとか、肌に合わなくて困ってたんですよね~。

そんな私のやっかいな肌に、肌潤石鹸はちゃんと使えるでしょうか!?

 

 

IMG_3158

さっそく箱から出してみました~☆肌潤石鹸の見た目は、白くて普通の安い固形石鹸と似ているような感じですが・・・

 

 

IMG_3157

配合された成分の一覧を見てみると、普通の石鹸とは違う!というのがハッキリ分かりますね。オリーブ油にトレハロース・コメエキス・大豆やビフィズス菌の発酵エキスなど、保湿に役立つ成分が特に充実しているという感じです。こうした保湿成分は、普通の固形石鹸には入っていませんからね~。これは洗い上がりのしっとり感に期待できそう☆

 

 

IMG_3654

ではでは、実際に肌潤石鹸を使ってみましょう。ついさっき、肌潤石鹸の見た目は普通の安い固形石鹸と似たような感じだと言いましたが、袋から出すと、違って見える!「安い固形石鹸にはない、有効成分の濃厚さ」が、見た目にもしっかり出ているような気がします。

 

 

IMG_3656

肌潤石鹸は、手で泡立てるのではなくネットで泡立てるほうがおすすめと言われているので、ネットを使用しての泡立て開始です。

 

きめ細かくモチモチの泡ができると評判の肌潤石鹸、その評判が本当かどうか、私が確かめます!

 

 

IMG_3657

うわっ!!

 

もう、ビックリするくらい、すぐに泡がモコモコとすっごい勢いで出来てきました!

しかもこの泡、すぐに出来るのに、すごくきめ細かくて吸着力が感じられるんですよ。

 

 

IMG_3659

その証拠にほら!逆さにしても、泡が手から落ちません。指や手のひらに、泡がしっかりと吸着してるんです。これが、肌潤石鹸の洗浄力のヒミツなんですね。この吸着力で、汚れを泡にくっつけて落とす、というわけですか♪

 

 

IMG_3661

そして、このモチモチ感も見て下さい。泡なのに、こんなにも伸びるんですよ~。

 

 

IMG_3662

泡のきめ細かさは、アップで見てもごらんの通り。これなら、毛穴の細かい汚れにも、泡がしっかり届いてくれそうです!

 

で、実際に泡を手で触ってみると分かるのですが、実はこの泡、吸着力があってきめ細かいだけじゃなく、弾力もすごい!泡洗顔の基本は「泡のクッションで洗うこと」と言われていますが、肌潤石鹸のこの泡は、まさに泡クッション洗顔に最適な弾力を持っている!と感じました。

 

ちょっとこの弾力を皆さんにも知ってもらいたいので、ひとつ実験をやってみますね。

 

 

IMG_3664

まずはこれ。上のメモの「17:40」って時間を見ておいて下さいね~。ここから、この泡を放置します!弾力のない、コシ不足の泡だと時間が経てばすぐにへたってしまいますが、肌潤石鹸の泡はどうなるか!?

 

 

IMG_3710

さて、メモに記録した時間は「18:42」。つまり、約1時間経過しました。

1時間後の泡の状態がこれ!1時間たっても、泡がべちゃーっと横に広がることもなく、かなり原型を保っています。これはすごい!

 

おっと、実験のことばかり書いて、洗い心地のレビュー忘れてました^^;

 

実は、この実験をやる前に洗顔を済ませ、そしてなんと「スキンケアなし」で1時間以上過ごしていますが、洗顔後の突っ張りはまるでなく、今もほとんど乾燥を感じません。肌状態もすべすべといい感じです☆

 

さすが、肌潤石鹸、って名前はダテじゃない!これなら、今後も安心して使い続けられそうですね♪

 

⇒米肌公式ページはコチラ