ニキビケア(思春期ニキビ・大人ニキビ)に効く洗顔石鹸ランキングご紹介!

JTHpVnNtar8kZOT1450400376_1450400553

「思春期ニキビ」「大人ニキビ」という呼び名があるほど、ニキビは何歳になっても悩まされるもの…。
そんな悩みを解決したいと思っても、市場にはたくさんのニキビケア商品が並んでいて、実際にどれを使えば自分のニキビは治るのか?
ニキビの種類も、肌の敏感性も人それぞれ違うので、自分の肌タイプに合った商品を選ぶ必要があります。
さらに、ニキビ用クレンジング・ニキビ用化粧水・ニキビ用クリームetc…
どこからアプローチをすれば良いのか分からない方はぜひ、まずは「洗顔石鹸」を使ってニキビができてしまう肌を清潔な状態にしてくれるのを助けてもらいましょう!

もここがオススメするニキビに効く洗顔石鹸は?

img_059クリーミュー
2016y10m10d_105830648
ニキビケア用洗顔石鹸、堂々のランキング1位としておすすめできるのは
クリーミューです。
人気モデル池田美優さんプロデュースのクリーミューは「吸着、美容、保湿」の3拍子がそろったエステ感覚の泥洗顔石鹸です。
6種類の天然クレイ成分配合で「しっかりと汚れを吸着」古い角質を落としつつ、7種のフルーツ由来天然美容成分で毛穴をきゅっと引き締めて潤いをキープ。そのおかげで洗い上がりがしっとりすべすべです。しかも「10種の無添加処方」なので敏感肌の方にも安心。クリーミューは定期申し込みでなんと初回100円!今まで使っていた洗顔石鹸から乗りかえる人も多いクリーミューをぜひこの機会に試してみてくださいね♪

初回限定価格 嬉しいサービス ポイント
100円  

泡立てネットプレゼント

 

汚れの吸着NO.1!
濃密泡洗顔!

 

button_001

 

img_060どろあわわ
img_21
どろあわわは、「くすみ対策に強い洗顔石鹸」として知られていますが、実はニキビケアのための洗顔石鹸としても、相当高い評価を得ています。
その理由は、やはり何といっても、沖縄の海底泥・マリンシルト。このマリンシルトの細かい粒子が毛穴の奥まで届くからこそ、ニキビの大きな原因のひとつである「毛穴詰まり」を予防するのに役立つ、というわけですね。また、ヒアルロン酸・コラーゲン・豆乳発酵液といった保湿成分によって、洗い上がりに適度なうるおいを先に与えることによって、「洗顔後の乾燥をカバーしようとしての、皮脂の過剰分泌」を抑える作用も期待できます。

価格 嬉しいサービス ポイント
1490円 初回半額 毛穴汚れ
スッキリ!

 

button_001

 

3位:よかせっけん然り
yoka (7)
ニキビの原因と言われる肌の汚れ・毛穴の汚れを、このよかせっけん然りの「毛穴よりも小さい超微細シリカパウダー」でゴソっと洗い流してくれます!また、気になる添加物の防腐剤・鉱物油・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・エタノールを含まず、自然由来成分でできた練り石鹸。ニキビ肌には辛い、洗顔後のつっぱり感もゼロ!!

価格 嬉しいサービス ポイント
1705円 送料無料 毛穴汚れ吸着

 

button_001

ニキビ跡にも効く?

soap_image26

できてしまったニキビ跡がなかなか薄くならないといった悩みを抱える人は非常に多いです。赤みが取れなかったり、クレーター状になっていたりと症状は様々です。ニキビ跡のケアは基本的にニキビケアと同じと言われており、洗顔が基本となります。特にニキビ跡には洗顔石鹸がおすすめです。今回はニキビ跡に洗顔石鹸を使用するメリットについてお話しましょう。

 

ニキビ跡を改善するためには?

ニキビ跡が出来てしまった場合、いったいどうすればよいでしょうか?まずはターンオーバーサイクルを正常に整えてあげることが重要です。ターンオーバーサイクルを正常にするためには生活習慣を規則正しくしましょう。それと同時に洗顔など基本的なスキンケアをきちんと行ってあげるようにします。洗顔はスキンケアの基礎であり、毎日欠かさず行うものです。間違った洗顔方法を行っているとニキビ跡が悪化する場合もあります。つまり肌を綺麗にする洗顔方法を知ることがニキビ跡を治すためには必要になってくるのです。正しい洗顔方法は、よく泡立てた泡で優しく洗うこと、ぬるま湯で洗顔すること、洗いすぎには注意すること、洗い残しがないようにしっかりとすすぐことなどが挙げられます。

[memo_h4 style=”1″ color=”blue”]メリット1.刺激性が少なく肌に優しい[/memo_h4] ニキビ跡やニキビが出来た肌は刺激に対して敏感になっている場合が多いです。特にスクラブ入りの洗顔を使ってしまうとニキビ跡がさらにひどくなるケースもあります。洗顔石鹸の場合は余計な成分が含まれておらず、低刺激で無添加のものが多いですので、肌への負担を最小限に抑えることができるでしょう。クリームやジェルタイプの洗顔料には合成界面活性剤やアルコールなどが含まれた商品が多いです。合成界面活性剤やアルコールはニキビ跡に刺激を与えて悪化してしまう恐れがあるので避けた方がよいでしょう。

[memo_h4 style=”1″ color=”blue”]メリット2.泡立ちがよい[/memo_h4] 洗顔石鹸は洗顔料に比べて非常に泡立ちがよく、クリーミーで濃密な泡を作ることができます。この泡で肌をやさしく包みこみながら汚れを落としていけば、肌への刺激は少なく負担を軽減できるでしょう。洗顔する時に手で擦りすぎるとニキビ跡はさらにひどくなりますので、肌への摩擦は極力避けてやさしく撫でるように洗うとよいでしょう。洗顔石鹸は泡立ちがよいので、ニキビ跡の肌でも優しく洗顔できますよ。

[memo_h4 style=”1″ color=”blue”]メリット3.油分が少ないので皮脂を効率よく落とす[/memo_h4] 固形石鹸に含まれる油分は通常の洗顔料の約5分の1と言われています。そのため肌に余計な油分が残りにくく、皮脂分泌が多い肌質の人におすすめです。また洗顔石鹸にはパーム油と呼ばれる油分が配合された商品が多いです。このパーム油にはステアリン酸、パルミチン酸と呼ばれる脂肪酸が含まれています。ステアリン酸やパルミチン酸は肌に刺激を与えることなく、効率よく皮脂だけを落とせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です