ノンケミカルの洗顔石鹸でおすすめのガミラvsアレッポ徹底比較!

 

ロハスやエコ、オーガニックなど、自然派志向がブームになっている今日このごろ、「顔も洗顔料じゃなくて、昔ながらの石鹸で洗いたい!」という人が増えています。

 

特に意識の高い人は、石鹸なら何でもいいわけではなく、「なるべく化学物質の入っていないノンケミカルの洗顔石鹸を使いたい!」と思っているのではないでしょうか?

 

現在、巷には「ノンケミカル」「無添加」とうたわれた石鹸がたくさん売られていますが、中でも海外産のものとしては、「ガミラシークレット」と「アレッポの石鹸」が有名です。

 

それぞれどのような特徴や違いがあるのか、徹底比較していきたいと思います♪

 

そもそも「ノンケミカル」って?「無添加」とは違うの?

 

自然派志向が高まる中、よく聞かれる「ノンケミカル」という言葉ですが、これはそもそもどういった商品を指すのでしょうか?

 

ケミカル(chemical)は「化学的な」という意味の英語ですので、ノンケミカル(non-chemical)は訳すなら「化学的でない」、つまり化学的な物質が含まれていない、という意味になります。

 

コスメや洗剤などの商品に使われている化学的な物質とは、具体的には化学的に合成された界面活性剤や防腐剤、保湿剤、潤滑剤などのことです。
これらは「人工的に作られた成分」と言い換えてもいいでしょう。

 

それを踏まえると、ノンケミカルは「自然界に存在する天然材料だけで作られた商品」ということになります。

 

特にノンケミカルがうたわれている商品としては「紫外線吸収剤を使わない日焼け止め」が有名で、UVブロック効果のある天然成分を使って作られていたりします。

 

ちなみに、「無添加」と表示された商品もたくさん出回っていますが、何が添加されていないのかの基準があるわけではないため、こちらの定義は非常にあいまいです。一般的には、パラベン(防腐剤)や香料、着色料などがフリーの商品が多くみられますが、何をもって無添加とするかは商品によって異なります。

 

まとめますと、「ノンケミカル=天然成分だけで作られた商品」、「無添加=無香料・無着色・パラベンフリー(が多い)」ということになりますが、いずれも明確な定義があるわけではないため、本当に安心できる商品かどうかはユーザーが見きわめるしかないのが現状です。

 

「石鹸=ノンケミカル」とは限らない!?

そこで洗顔石鹸ですが、一般的には「普通の洗顔料よりナチュラルで、余計なものが入っていない」というイメージがあると思います。
しかし、石鹸の成分も商品によってさまざまですので、ノンケミカルかどうかは成分表示をよく見ないとわかりません。

 

固形石鹸の基本成分は「石鹸素地」もしくは「純石けん分」「脂肪酸Na(ナトリウム)」というもので、これだけで作られた石鹸を「純石鹸」といいます。
これらはいずれも同じ洗浄成分で、植物や動物の油脂から作られているため、100%天然成分です。

 

しかし市販の石鹸の中には、これらに加えて「ソルビトール(保湿剤)」や「トコフェロール(酸化防止剤)」「合成香料」などが入っているものも少なくありません。
たとえば、昔からなじみ深い「石鹸の香り」は立派な合成香料です。
こうなると、その石鹸はノンケミカルとはいえなくなってしまいます。

 

本当にノンケミカルな洗顔石鹸を使いたい方は、しっかりと成分表示を見て、余計な合成物質が入っていないものを選ぶことが大切です!

 

ノンケミカル石鹸のメリットとデメリット

 

 

ノンケミカル石鹸には、以下のようなメリットがあります。

 

天然成分オンリーなのに洗浄力が高い!

ノンケミカルの石鹸には、多くの洗顔料に使われている合成界面活性剤が使われていませんが、それでも十分に汚れを落とすことができます。
これは、純石鹸が水に触れるとアルカリ性に変化するためです。

 

アルカリ性にはタンパク質を溶かす性質があるため、皮脂や古い角質などを落としてくれます。

 

天然の保湿成分(グリセリン)が含まれる!

石鹸を作る過程では、グリセリンという成分ができるのですが、グリセリンには水分を引き寄せる性質があるため保湿効果が期待できます。
つまり、化学的な保湿成分を入れなくてもお肌をしっとりさせることができるのです。

 

肌と環境にやさしい!

ノンケミカルの石鹸のメリットは、なんといっても刺激が少なく、お肌にやさしいことです。

 

合成された成分が一切含まれていないため、アトピー肌の人や敏感肌の人、赤ちゃんでも安心して使うことができます(ただしハーブなどの植物原料を使っている石鹸は、人によってはアレルギーを起こす可能性があります)。

 

さらに、合成界面活性剤を使っていない石鹸は生分解性が高く、環境にやさしい点もメリットです。排水口から流れた石鹸の成分は、バクテリアなどの微生物のエサとなり、すみやかに自然に還ります。

 

 

一方、ノンケミカル石鹸にデメリットがあるとすれば以下のような点が挙げられます。

 

普通の石鹸に比べると価格が高め

ノンケミカル石鹸の多くは、原料となる油脂が高品質のものだったり、手間と時間をかけてじっくり作られていたりするため、どうしても価格は割高になってしまいます。

 

ただし、それだけの価値があるなら選ぶ意味はあるでしょう。
また、商品によってはそれほど高くないものもあります。

 

溶けやすいため、保管方法に注意が必要!

ノンケミカル石鹸には凝固剤が添加されていないため、普通の石鹸よりも溶けやすくなっています。

 

ですから、使用後は水気をよく切ってからトレイに置くなど、保管には少しだけ注意が必要です。
また防腐剤も含まれていませんので、なるべく換気の良い場所に置くようにしましょう。

 

泡立ちがあまり良くない

ノンケミカルの石鹸には、泡立ちをよくする発泡剤も含まれませんので、洗顔料のCMで見るようなモコモコした泡を立てるには少し時間がかかります。

 

しかし、それこそが天然成分100%の石鹸の特徴であり、ホイップのような泡が簡単に立つほうが不自然ともいえるのです。
泡立ちを良くしたい場合は、ネットなどを使ってていねいに空気を含ませましょう。

 

以上、ノンケミカル石鹸の基礎知識についてご紹介しました。

 

下記では、特に有名な2つの海外製ノンケミカル石鹸、「ガミラシークレット」と「アレッポの石鹸」を徹底比較していきます!

 

ハーブたっぷり!秘密のレシピで作られたガミラシークレット

 

 

「ガミラシークレット」は、芸能人や美容の専門家にも愛用者が多い、大人気のノンケミカル石鹸です。
梨花さんや平子理沙さん、IKKOさんのほか、若手モデルのAMOさんや、「インスタの女神」と呼ばれる渡部麻衣さんなどもガミラシークレットを紹介しています。

 

 

イスラエル北部のガリラヤ地方(イエス・キリストが布教活動をした場所としても有名!)に住むガミラ・ジアーという女性が、独学で30年以上にわたって研究を続け、ようやく完成させた石鹸です。

 

子どものころから山に入り、植物の知識を身につけてきたガミラは、その知識を生かして「本当にいい石鹸を作れないか
と試行錯誤を繰り返します。その結果、一番搾りのエクストラバージンオリーブオイルをベースとして、14種類ものハーブをブレンドした完全オリジナルのレシピが完成しました。

 

最初は自宅で手作りし、村の人々に無料で分け与えていたのですが、その評判がいつしか国中、そして世界中へと広がり、「ガミラシークレット」というブランドに成長していったのです。

 

ガミラの石鹸は現在、地元の工場で作られており、現地の女性たちに労働の場所をも提供しています。

 

ガミラシークレットの成分

 

 

ガミラシークレットの成分は、すべてが天然由来です。
合成の界面活性剤や香料、着色料、パラベンなどは一切使われていません。

 

まずベースとなるのは、ガリラヤ地方に自生する「シリアンオリーブ」の実からとった一番搾りのエクストラバージンオリーブオイルです。
中にはミネラルやビタミンがたっぷりと含まれています。

 

これだけなら普通の純石鹸なのですが、ガミラシークレットではさらに14種類の植物素材も配合されています。
たとえばアーモンドオイルやヒマシ油、カミツレエキス、セージ葉エキスなどです。
これらには、保湿成分や美肌成分、泡立ちをよくする成分などが含まれており、いずれもガミラ自身が山に入って厳選しています。

 

ちなみに、原材料名はすべて公開されていますが、これらの素材をどのような順番でどのように配合するかのレシピは完全非公開となっており、まさに「ガミラシークレット」と呼ばれるゆえんになっています。

 

 

また、ガミラシークレットには「オリジナル」「ラベンダー」「ゼラニウム」「ローズマリー」「スペアミント」の5つの種類があり、好きな香りのものを選べるようになっています。もちろんすべて天然の香りです(オリジナルは無香料)。

 

ガミラシークレットの効果

ガミラシークレットは、ガミラ自身が「単なる石鹸に見えてしまうことが最大の欠点」と評しています。
というのも、ガミラシークレットはただ汚れを落とすだけではなく、肌の水分や油分バランスを整えるなどの効果が期待できるからです。

 

ベースとなっている良質なオリーブオイルをはじめ、それぞれに薬効のある14種類もの植物素材が肌本来の力を引き出し、美しく健康的な肌へと導きます。

 

また、ガミラシークレットはただ顔や体を洗うだけではなく、いろいろな使い方ができる点も大きな特徴です。
たとえば、泡を顔の上に1~2分乗せてから洗い流す「泡パック」として使ったり、水で濡らしたガミラシークレットをそのまま肌にすべらせてマッサージしたりするなど、普通の石鹸では考えられないような使い方もできます!

ガミラシークレットはどれだけノンケミ?

ガミラシークレットは100%植物素材で作られているため、ノンケミカル石鹸であることに疑いの余地はありません。

 

ベースとなるオリーブオイルのほかに14種類の植物素材が加わっていますので、いわゆる「純石鹸」ではありませんが、素材はいずれも天然由来です。
植物アレルギーのある方は少し様子見しながら使うことをおすすめしますが、基本的には老若男女を問わず誰でも安心して使うことができます。

 

ガミラシークレットの購入方法

ガミラシークレットは、いろいろなところで販売されています。

  • 東急ハンズ・ロフト・コストコ・伊勢丹などの店舗
  • 公式サイト(株式会社シービック)
  • その他通販サイト

 

ガミラシークレットは、全国の百貨店や雑貨店にもよく置かれていますし、インターネットでは楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonなどをはじめ多くのサイトで取り扱いがあります。

 

このうち公式サイトでは、1ヵ月・2ヶ月・3ヶ月のいずれかのペースで定期的にガミラシークレットを届けてもらえる「定期コース」の利用が可能です。
定期コースでは送料が毎回無料になるほか、初回限定30%OFF(1,738円)、2回目以降も10%OFF(2,235円)で購入できます。

シリア産の超有名100%純石鹸!「アレッポの石鹸」

 

 

アレッポの石鹸は、石鹸好きな人なら知らない人はまずいないといっても過言ではないほど、世界的に有名な商品です。

 

アレッポとはシリア北部にある都市で、ここで作られていることから「アレッポの石鹸」という商品名がついています。
もともとシリアは石鹸発祥の地ともいわれる国で、現地でとれるオリーブを使った石鹸づくりが数千年も昔から行われています。

 

ちなみに、アレッポには数多くの石鹸工場があり、それぞれ商品も異なるのですが、ここではアデルファンサ社製の「アレッポの石鹸」という商品について説明しています。

 

アレッポの石鹸の成分

 

アレッポの石鹸の成分は非常にシンプルで、オリーブオイルとローレルオイル、それらを石鹸にするための水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)のみとなっています。
保存料や発泡剤はもちろん、香料も一切不使用の100%完全無添加ですから、いわゆる「純石鹸」になります。

 

アレッポの石鹸では、原料であるオイルがこだわり抜かれています。
シリア産のオリーブと、トルコ産のローレルが使用されているのですが、いずれも自生しているもので、農薬も化学肥料も使われていません。そのオイルに余計な成分を一切加えることなく、数千年前から変わらない釜焚き製法でじっくりと時間と手間をかけて作られています。
しかも、オリーブの実が収穫される時期に合わせて、アレッポの石鹸が製造されるのは年に1回、11月~3月ごろまでの間だけです。

ちなみに、アレッポの石鹸はオリーブオイルとローレルオイルの比率によって3つのタイプが販売されています。

 

オリーブオイル:ローレルオイル
ノーマルタイプ 9:1
エキストラ40 6:4
ライトタイプ 9.8:0.2

 

 

もっともスタンダードなのはノーマルタイプです。
エキストラ40は、高級なローレルオイルを限界まで配合していることから、価格は高く設定されていますが、殺菌や消臭の効果が高いとされています。
ライトタイプは98%がオリーブオイルでできているため、もっともマイルドです。

 

アレッポの石鹸の効果

アレッポの石鹸はオイルのみで作られた純石鹸ですので、特別な美容成分が配合されているわけではありません。

 

しかし、主原料であるオリーブオイルには「汚れを落としつつ、肌にうるおいを補う」はたらきがあるため、低刺激でしっかりと洗浄できるという、石鹸本来の効果を存分に発揮してくれます。

 

さらに、ローレルオイルには上述したように殺菌・消臭の効果がありますので、夏場の洗顔はもちろん洗髪にも最適です。
特に、ローレルオイルを多めに含んだエキストラタイプは、さっぱりと髪を洗いあげるのに適しています。

 

アレッポの石鹸が1つあれば、洗髪から洗顔、メイク落とし、ひげ剃りまですべて事足りますし、年齢や性別、肌質などを問わず誰でも安心して使うことが可能です。

 

アレッポの石鹸はどれだけノンケミ?

アレッポの石鹸は、オリーブオイルとローレルオイル、あとは鹸化させるための水酸化ナトリウムだけで作られた正真正銘の純石鹸ですから、まさに「ノンケミカル」「無添加」という表現にふさわしい石鹸です。

 

香料も一切使われていませんので、匂いは「粘土のよう」と評されることも多いのですが、それこそが純粋な石鹸の証ともいえるでしょう。

 

アレッポの石鹸の購入方法

アレッポの石鹸は、いろいろなところで購入できます。

 

薬局や雑貨店などで販売されていることもありますし、インターネットで調べても数多くのサイトがヒットします。ちなみに、アレッポの石鹸には日本の公式サイトがなく、おもに輸入代行などをしているショップのサイトで売られています。

 

アレッポ産の石鹸にはいくつかの種類があるため、アデルファンサ社製の「アレッポの石鹸」を購入したい方は間違えないようにしましょう!

 

ガミラシークレットVSアレッポを徹底比較!

 

以上を踏まえ、ノンケミカル石鹸「ガミラシークレット」と「アレッポの石鹸」をいくつかの観点から比較してみました。

 

ガミラシークレット

アレッポの石鹸

原産国 イスラエル シリア
原材料 オリーブオイルと14種類の植物素材 オリーブオイルとローレルオイル
ノンケミ度 ◎(植物原料のみ) ◎(純石鹸)
価格 2,484円(通常価格) 500円~1,000円程度(店舗による)
香り
  • オリジナル(無香料)
  • ラベンダー
  • ゼラニウム
  • ローズマリー
  • スペアミント
なし
用途 全身に使用可能&泡パック
直接肌にすべらせるなどの使用もOK
全身に使用可能
購入場所
  • 全国の薬局や雑貨店
  • 公式サイト
  • 各種通販サイトなど
  • 全国の薬局や雑貨店
  • 通販サイトなど

 

どちらの商品も化学合成物質を一切使用していませんので、立派なノンケミカル石鹸ですが、特にアレッポのほうは必要最小限の原料のみで作られた純石鹸となります。
価格もアレッポのほうが圧倒的に安いため、コスパがいいものを選びたい方にもおすすめです。

 

ただし香りでいうと、ガミラシークレットは植物の精油が香料として使われているため、香りを楽しみたい方にも満足できます。
また、泡パックや美肌マッサージにも使えるなど美容としての用途が多いことから、特に女性に向いているといえそうです。

 

⇒ 洗顔石鹸 界面活性剤使用、不使用って何?なぜダメ?

まとめ

 

大人気の海外製ノンケミカル石鹸、ガミラシークレットとアレッポの石鹸についてご紹介しました。
どちらも天然成分のみで作られた安心の石鹸ですが、価格や香り、使い方などに違いがありますので、自分に合いそうなほうを選ぶのがおすすめです。
低刺激なのに汚れをしっかり落としてくれるノンケミカル石鹸で、健康なお肌を目指しましょう!

 

⇒ 洗顔石鹸の選び方 チェックポイントは3つだけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です