メイク汚れが気になる方には洗顔石鹸をおすすめします。

メイク汚れ 洗顔石鹸

クレンジングや洗顔方法は人によって様々です。色々な種類の洗顔料やクレンジング剤が各メーカーやブランドから発売されているのでどれを使えばいいのか悩んでしまう人も多いでしょう。

 

特に洗顔やクレンジングを行っていて、気になるのはメイク汚れです。日頃メイクをする女性がほとんどだと思いますが、メイク汚れをしっかり落としておかないと、肌の乾燥やトラブルにつながってしまいます。

 

しかしきちんと洗顔したつもりなのに、メイク汚れが落ちていないケースって意外とあるんですよね。落ちないメイク汚れに悩んでいる人におすすめしたいのが洗顔石鹸です。洗顔石鹸は近年非常に人気があり、多くの女性から支持を受けています。ではどうして洗顔石鹸の人気は高まっているのでしょうか?今回は洗顔石鹸をおすすめする理由を説明しましょう。

 

洗顔石鹸に含まれる合成界面活性剤は肌に負担が少ない?

1つ目の理由として、合成界面活性剤の違いがあります。通常のクレンジング剤は、合成界面活性剤でできています。この合成界面活性剤は、メイクなどの油汚れをしっかりと溶かして落としてくれますが、セラミドなどの細胞間脂質まで溶かしてしまうのです。セラミドまでなくなってしまうので、使いすぎると肌の乾燥につながってしまうのです。

 

洗顔石鹸にも合成界面活性剤は含まれていますが、洗顔石鹸に含まれているものは、水に触れると界面活性力が一気に消えるのです。つまり泡立てて洗顔している時には、しっかりとメイク汚れを落としてくれるのですが、水に流すとその時点で洗浄力を失うので、それ以上肌に負担がかからないのです。

 

しかしクレンジング剤に含まれる界面活性剤は、水に触れても油を溶かす力は持ったままなので、洗い残しがあると肌へそのまま残ってしまい、肌荒れの原因になってしまうのです。しっかりと汚れを落とすことができ、肌への負担を最小限に抑えることが可能な洗顔石鹸はまさに救世主と言えるでしょう。

 

弱酸性が肌によいというのは間違っている?!弱アルカリ性の洗顔石鹸がよい理由

洗顔フォームやクレンジング剤は、一般的に弱酸性や中性のものが多いです。一方、洗顔石鹸は弱アルカリ性のものがほとんどです。弱酸性と聞くと、「肌によいもの」とイメージしがちですが、弱アルカリ性が肌に悪いということはないのです。弱アルカリ性の洗顔石鹸で顔を洗うと、肌は一時的にアルカリ性に傾きます。

 

アルカリ性になることで、老化した角質が取り除かれ、肌に柔らかさがプラスされるので、つるつるでスベスベの肌になるでしょう。日本三大美人の湯として知られる温泉は全て弱アルカリ性であることからも、弱アルカリ性が美肌によいということがわかるでしょう。

 

メイク汚れがしっかり落ちてさらに肌の状態もよくなる洗顔石鹸なら一度は試してみる価値はありますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です