化粧品を同じメーカーで揃える必要はありません!

スキンケア化粧品は、ブランドによってシリーズで揃える人もいれば、別々のブランドを使用する人もいます。広告や販売員の話を聞くと、スキンケア化粧品は同じメーカーのもので揃えた方がいいのでは?と感じている人も多いでしょう。

 

実際のところ、その答えは「NO」です。他のメーカーの化粧品と一緒に使うと効果が出ないということもありませんし、むしろ別々のメーカーのものでお手入れした方が、肌にはよいことだってあるのです。

 

同一ラインで統一して使用すると、トラブルを起こす可能性もある

基本的にスキンケア方法としては、メイク落とし → 洗顔 → 化粧水 → 美容液 → クリームの順番でお手入れします。この順序はきちんと守らなければいけませんが、どの商品を使用するかは自分次第なのです。他のメーカーの商品を使ったからと言って肌で化学反応が起こるということは絶対にありえないのです。

 

 

同じシリーズのスキンケア化粧品を使用すると、同じ成分が含まれていることが多いですので、その成分が肌に合わないものだと、肌に負担がかかってしまう可能性もあるのです。洗顔料や化粧水は良くても、保湿クリームが全然肌に合わないやその逆の場合もあります。

 

例えばアルコールなどは敏感肌の人には刺激が強く、肌荒れを起こしてしまう原因になります。大切なのは、同一ラインで統一することよりも、その化粧品が肌質に合っているかをきちんと見極めることなのです。

 

いつまでも同じ化粧品が肌に合うとは限らない?

自分の肌に合った化粧品を使っていたつもりが、いきなり肌トラブルが増えてきた!という経験をしたことがある人もいるでしょう。同じ人でも、年齢が変わったり、住んでいるところの気候が変化したりすると肌の状態は変わります。また生活環境やストレスなどによっても肌質は変化するでしょう。

 

今まではオイリー肌だったのに、乾燥肌になったという人もいるかもしれませんね。ずっと同じ化粧品を使い続ける必要はありませんので、その都度自分の肌にあったものを1つずつ吟味していくとよいでしょう。

 

目的によっても、選ぶ化粧品は異なってきます。保湿目的の場合もあれば、美白やアンチエイジング対策でスキンケアを行うこともあるでしょう。肌のために、ベストな化粧品を選んで、毎日のお手入れをしていくことが、肌の健康を保つ上で最も重要になるのです。

 

化粧品を同じブランドに揃えなくても、それぞれの化粧品の強みを探し、いいとこどりして自分にぴったりなものを使うことが大切なのです。

おすすめは洗顔石鹸+別の化粧品

化粧水や保湿クリームに力を入れている化粧品メーカーは多数あります。なぜなら肌荒れで悩んでいる方の多くは大人ニキビや乾燥だからです。これらを解決するには化粧水を保湿クリームがもっとも目に見えて効果があるからです。なので洗顔石鹸には化粧水ほどの力を注いでいないのが現状です。

 

ですが、肌荒れ改善の為に絶対に忘れてはいけないのが洗顔です。これを怠ると肌の汚れがそのままとり残されたまま保湿されます。

私のおすすめ洗顔石鹸+化粧水、保湿クリームです。普通の洗顔料よりもさらに泡が細かく汚れが落ちる洗顔石鹸とニキビ用化粧水や保湿クリームを一緒に利用することで今までよりも肌の汚れが落ち、キレイな肌を保つ事ができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です