年齢によって変わる洗顔方法

photo_1

化粧水や保湿クリーム、美容液などの様々な美容アイテムが販売されていますが、
みなさんはこれをどのようにお使いでしょうか?

 

化粧水や保湿クリームは、
基本的に年齢ごとに変えていきますよね
また美容液ですと、学生の頃は使っていなかったけれど大人になってから使い始めた、
という方が多いと思います。

でもいくら美容アイテムを年齢ごとに変えていっても、
年齢の違いによって洗顔方法を変えていかなければ全く意味ナシ!
なんてことになってしまうんですよ。

そこでここでは、
意外に大事な『年齢で変えるべき洗顔方法』についてご紹介します。

ws000254

 

10代の洗顔方法

思春期頃から皮脂の分泌が増えてきます
つまりきめ細やかだったベイビー肌からベトベトな肌へと進化してしまうんですね。
それに加えて思春期はまだまだ大人になりきれていない体だということで、
ホルモンバランスが乱れがち。

そんな10代の洗顔方法は、
とにかく皮脂を洗い流す力が強い洗顔石鹸などで洗うことが大切です。
皮脂が溜まりっぱなしの肌には雑菌が繁殖し、ニキビがいっぱいできてしまいます。
attention朝晩2回、しっかり洗顔石鹸で洗い流しましょう。

 

→10代の方にオススメの洗顔石鹸「どろあわわ」の公式HP

トライアルセットが280円ですので、学生さんでもすぐに購入できるとい思います★

 

20代の洗顔方法

お肌の状態としてはとても落ち着いて、綺麗な状態が続きますが、
油断していると“大人ニキビ”と呼ばれるようなニキビができる人も・・・!

思春期の頃と違い、皮脂が過剰分泌することが最大の理由ではなく、
完全な女性の体へと変化するまでの時期によく見られるものなのだそうです。
お医者さんによっては、敏感肌用の洗顔石鹸を処方される場合もあるほど、
この時期の肌は状態が変化しやすいんです。

ということで、思春期のようにただただ洗い流せば良いという洗顔方法は止めて、
泡立ちの良い洗顔石鹸で、とにかく丁寧に洗うようにしましょう。
attentionもっちりした泡を作るのがポイントですよ。

 

→20代の方にオススメの洗顔石鹸「VOCマイルドソープ」の公式HP

洗浄力に優れていて大人ニキビに優しくアタックしてくれます★

 

30代以降の洗顔方法

皮脂分泌が落ち着き、反対に乾燥が心配になってきます
そこでこの時期には、
保湿成分の含まれた洗顔石鹸を使って夜のみ洗顔するのがおススメです。
それにプラスして、洗顔後は必ず保湿をしっかりするようにしましょう。

attentionとにかく乾燥を防ぐことが肝心です。

 

→30代の方にオススメの洗顔石鹸「KOSEの肌潤石鹸」の公式HP

お米と大豆発酵の成分を豊富に含んでいて、乾燥を防ぎます。すっぴんでも怖くないお肌に…★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です