弱酸性と弱アルカリ性の洗顔石鹸どっちが良い?

mokoo1

洗顔石鹸には、弱酸性のものと弱アルカリ性のものとがあるのですが、肌にとって、どちらがいいと思いますか?

「肌は弱酸性なんだから、その肌と同じ弱酸性のほうがいいでしょう」という考えの人が、かなり多いですよね。

もちろん、弱酸性の洗顔石鹸が肌にやさしい、というのは事実です。しかし実は、弱酸性の洗顔石鹸は「洗浄力がちょっと頼りない」という欠点も持っています。

 

ws000451

 

   弱アルカリ性を解説

これに対して、弱アルカリ性の洗顔石鹸は、「肌とはPHが違うものの、すぐに洗い流すので特に害などはなく、洗浄力が高いので汚れがきちんと落ちやすい」というメリットがあるのですが、その反面「肌とPHが違う分、洗い上がりがつっぱりやすい」という側面があるのは否定できません。

 

 

体を洗う「浴用石鹸」は、まさに「弱アルカリ性の石鹸」の代表格。あれで顔を洗うと、肌のつっぱり感が必ず出ますよね。それこそまさに「アルカリによるつっぱり」の代表的な例です。

つまり・・・

 

〇洗浄力が低い弱酸性の洗顔石鹸では、クレンジングで浮かせたメイク汚れや、汗や皮脂の汚れなどを落としきれないリスクがある。
〇洗浄力が高い弱アルカリ性の洗顔石鹸なら汚れ落ちの面では心配はないが、洗い上がりのつっぱり感が気になりやすい。

ということになるわけですね。

 

   結局 どちらを選べばいいの?

 

こうして見ると、弱酸性も弱アルカリ性もどちらも一長一短で、本当にどちらを選んだらいいのか迷いますが・・・まず「メイクがとても薄く、皮脂もあまり出ず汗もかかない」という人なら、弱酸性の洗顔石鹸を選ぶといいでしょう。

ですが、「それなりにきちんとメイクをし、皮脂分泌や汗も人並みに気になる」という人は、弱アルカリ性の洗顔石鹸できちんと汚れを落としたほうがいいでしょう。

 

ただし、弱アルカリ性の洗顔石鹸を選ぶ場合は「保湿成分が配合されたものを選ぶ」という形にしてみて下さい。こうすれば、弱アルカリ性ならではの「洗い上がりのつっぱり感」というデメリットを大いに軽減できるのでおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です