気になる石鹸の疑問!洗顔用と普通の石鹸 その違いは?

0918_awa_01
こちらのコーナーでは、石鹸にまつわる素朴な疑問にお答えしています。

今回は、『普通の石鹸と洗顔石鹸の違い』についての情報をご紹介。

結論だけが読みたい方へ

結論から言えば、普通の石鹸と洗顔石鹸には、

・石鹸素地の質
・その他の成分の質や数
・効能

の、主に3つの違いがあります。

したがって、

・特に顔のお肌のケアをしたい人
・美肌づくりに興味がある人
・毎日努力しなくても肌の質を維持したい人

などは洗顔石鹸と表示されているものをオススメします。

逆に、

・皮膚が刺激に強く、何を使っても肌荒れしない人
・体だけ洗えれば良いという人
・もう十分に美肌だと自信のある人

などは、普通の石鹸を使用してみても良いかもしれません。
それでは次に、なぜこのような結論に達するのかが気になるという方は、ぜひ続きをご覧ください。

 

普通の石鹸の特徴

S

普通の石鹸は、一般に“浴用石鹸”と呼ばれます。

あまりこの呼び名は使用されないかもしれませんが、
浴室で体を洗うための用途でつくられた石鹸であるためこの名称が用いられています。

顔の皮膚とは異なり、一定以上強い皮膚を想定してつくられる場合がほとんであるため

●香料や着色料、防腐剤などの添加物を使用

●鉱物油を使用
●殺菌性の高い成分を使用

と、以上のように比較的刺激の強い成分を使用しています。

普通の石鹸にはどんな効果があるの?

E88AB1E4B8B8EFBC88E8B5A4EFBC89-thumbnail2

刺激が強いため、

・汗などのきついニオイを緩和する
・頑固な汚れを落とす

といった効果があります。

洗顔石鹸の特徴

sekkenn1

刺激に弱く、乾燥や肌荒れを起こす箇所でもある顔の皮膚を想定してつくられた洗顔石鹸には、

●化学系添加物を使用しない
●天然成分を配合する
●保湿力の高い成分を配合する
●汚れ落ちがほど良い成分でつくる

などの工夫が施されています。

洗顔石鹸の効果は種類によって多種多様!

以上の特徴を持つ洗顔専用の洗顔石鹸ですが、

・ニキビを改善したい
・乾燥肌を改善したい
・年齢肌をケアしたい
・くすみやたるみを無くしたい
・透明感のある美白を目指したい

などの多くの悩みや目標によって、その効能が異なっています。

 

⇒ 洗顔石鹸の人気オススメランキング

NAhg9R91jmhMu1B1430384943_1430385115

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です