洗顔マニアになれるオススメの本を紹介

洗顔についての知識本は、いろいろありますよね。

中には「洗顔料や洗顔石鹸を使わず、真水で洗う」などという、画期的(?)な洗顔法を紹介した本も出てきています。

確かに、メイクをしない時代の話であれば、クレンジング剤や洗顔石鹸を使わない「水だけでの洗顔」もアリだと思います。

しかし、メイクをしている人の場合、メイク汚れを水洗顔だけで落とすのは実質的に不可能なんですよね。

shutterstock_66724948-300x200

メイク汚れは、酸化すれば「肌老化を引き起こす活性酸素だらけの汚れ」になってしまいますので、そうした現実を考えると、「いかに肌に負担をかけずに、クレンジングと洗顔で効率よく汚れを落とすか」という点を考えたほうがいいでしょう。

 

洗顔についての知識は、この人の本がおすすめ!

そうした視点でおすすめと言えるのが、皮膚科医の経歴も持つ吉木伸子さんの著書ですね。

吉木伸子さんの著書と言えば、

biyouhon1

「素肌美人になれる 正しいスキンケア事典」

 

5115EYCiEvL._SX258_BO1,204,203,200_

「今さら聞けないスキンケアの正解」

 

などが有名で評判もいいですが、こうした著書において、洗顔について吉木伸子さんが一貫して伝えているのは「洗顔は、洗顔フォームを使うよりも、できれば石鹸で洗顔するのがおすすめ」ということです。

mococo

さすがは皮膚科医、洗顔フォームに使われる石油系界面活性剤などの害を考慮しているからこそ、この発言になるのでしょう

吉木伸子さんの著書は、特におすすめ商品などは書かれていないのですが、だからこそ「特定のスポンサーに過剰に配慮をしたりしない、皮膚科医による中立的な立場からの見解」と言えます。

 

ちょっとマイナーだけどおすすめなのはこれ!

51PadeV5erL._SY344_BO1,204,203,200_

主婦の友社の「基本のスキンケア」です。

 

「ちょっとマイナーな本だけれど、洗顔をはじめとしたスキンケアの基礎知識が分かりやすく解説されている」という点でおすすめです。

スキンケアの手順のほとんどが写真入りで、「スキンケアの流れが目で見て分かりやすい」というのがこの本の大きな特徴です。

洗顔についても、「泡洗顔として好ましい泡の状態はこんな感じ」「洗い・すすぎ・拭き取りのコツはこう」といった点が、写真でわかるので失敗がありません。

写真が多い分、文章としての情報量はちょっと物足りないかもしれませんが、分かりやすさという点ではイチオシです。

 

こんなハウツー本がおうちに1冊あるだけでも、

心強い味方になるものですよ!^^

 

comment_titおすすめ記事 → 洗顔石鹸マニア【もここ】が洗顔石鹸完全ガイド&ランキング はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です