洗顔石鹸がニキビに効果があるワケ

洗顔石鹸 ニキビ

ニキビを気にしている方は、「自称・オイリー肌」が多いようです。そのため、皮脂や毛穴ばかりを気にして、洗浄力の強い洗顔料やアルコールがたくさん入った化粧水など、肌がスッキリするような使用感を好まれています。
しかし!ニキビができやすい肌は、肌のバリア機能が低下した状態になっているため、傷つきやすく、敏感で刺激も受けやすくなっています。

さらに大人になってくり返すニキビの場合、頬やフェイスラインの水分不足が深刻な乾燥肌の方がほとんどです。
スッキリするケアばかりでは、ニキビは悪循環をくり返すばかりです。

 

洗顔石鹸のニキビケア

ニキビケアの第一歩は、毛穴や毛穴の周りを清潔に保つこと。そこで有効なのが、肌質に合った洗顔料選びです。結論から言えば、洗顔石鹸がベストマッチです。

洗顔石鹸の最大のメリットは、肌にやさしいということ。汚れを落とす成分が、動植物のあぶら(天然油脂)とアルカリというシンプルな成分で作られているため、肌に必要なものを残しながら、要らないものを落とすという選択型洗浄が得意です。

汚れを落とす成分が、合成界面活性剤でないということがポイントとも言えます。つまり、クリームタイプやフォームタイプのものは、ニキビ肌には向きません。その高い洗浄力は、肌のバリア機能にダメージを与えてしまう可能性が大。また、アクネ菌ばかり
か肌に必要な常在菌まで取り去るので、毎日使っていては、肌本来のバリア機能は戻ってくることはありません。

洗顔石鹸を使った、マイルドな洗顔がニキビ肌に必要な本来の洗顔の姿というわけです。>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です