洗顔石鹸でたるみ対策と効果的なケア方法

ws000272

 

皮膚の重みや重力に耐えられなくなり肌が垂れてしまう「たるみ」は年齢サインのひとつ、といわれるように加齢と共に増加する傾向があります。

 

また、頬や目の下、首元、フェイスライン……がたるんでくると老けたイメージを与えてしまうため「年齢サイン」といわれていますが、たるみが始まる時期は個々それぞれで必ずしも中年以降に始まるわけではありません。早い方では20代前半でたるみ始める、といわれています。

 

ちなみに、ある「たるみ」に関するアンケート結果を見てみると年代を問わず「たるみが気になる・気になったことがある」と回答された方は全体の90%以上にも及んでいます。

近年、たるみに効果がある化粧品というのも多数出回るようになり、色々と試している、という方も多いことと思いますが、たるみを改善したい!たるみ対策したい!効果的なケアを行っていきたい!と思うのであれば、「たるみに効果がある」と謳われている化粧品を闇雲に使う前に、まずはたるみの原因並びに要因を知り、それに応じた対策・ケアを行う必要があります。
[memo_h4 style=”1″ color=”blue”]【たるみの原因&要因】[/memo_h4]

 

[point_box3 color=”blue”]たるみの原因は大きく分けると3つ![/point_box3] ・真皮コラーゲンの減少
・皮下脂肪の肥大化
・表情筋の衰え

 

[point_box3 color=”blue”]たるみを引き起こす要因![/point_box3] ・外的要因:乾燥、紫外線、ストレス
・内的要因:活性酸素
・生活習慣要因:喫煙、睡眠不足、栄養不足

 

【たるみ対策&ケア方法】

たるみの原因&要因にもよりますが、スキンケア用品だけで必ずしも改善出来るものではありません。まずは、要因を取除くこと、そして原因に応じた対処を行っていくことが大切です。

 

 

例えば、真皮コラーゲンの減少によりたるみが出来てしまっているのであれば表皮を支えるコラーゲンや弾力を保つうえで必要なエラスチンなどが減少・低下してしまったことでたるんでしまっている訳ですから、真皮コラーゲンを増やす&強力にするのに有効な成分であるレチノールが配合された化粧品をつかうなど、不足している成分をしっかり補給できるスキンケア用品を選んで使うようにすることが大切です。

 

また、表情筋の衰えが原因のたるみであれば、たるみよう化粧品をいくら使っても改善はされません。リンパマッサージをして血流を良くする、表情筋を鍛えるトレーニング・エクササイズを行うなどの対策が必要となります。

ws000273

 

ちなみに、たるみを作らないための対策&既に出来てしまったたるみ(原因・要因問わず)に大切なケアといえば、やはりスキンケアの基本である「正しい洗顔」です。低刺激で毛穴の奥の汚れまですっきり取除くことが出来る洗顔石鹸を使用し、正しい洗顔を日々行うことはスペシャルケアを行う以前に大切なことといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です