洗顔石鹸でニキビケア対策と予防!効果的なケア方法と選び方は??

ws000062

 

 

ニキビといえば、青春のシンボルといわれる「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」と2種類に大別することが出来ます。

思春期ニキビはTゾーンに、大人ニキビはUゾーンに出来やすいという特徴がありますし、出来る原因も双方違います。また、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビと進化の過程によって対象法も変わってきます。

 

ドラッグストアーや薬局に行けば様々な種類のニキビ用スキンケアアイテムが売られていますし、今は通販でも簡単に入手することが出来ます。

 

 

自身のニキビにあったスキンケアアイテムを見つけ出し使用するのはニキビ改善のための一つの方法だと思いますが、ニキビに大切なのはまずは正しい洗顔法と肌質・症状に合った洗顔料選びです。

 

 

間違った洗顔法・肌に合わない洗顔料の使用はニキビを悪化させてしまう可能性大ですので要注意です。

低刺激&合成界面活性剤不使用のニキビ肌に対応した洗顔石鹸を使って、ニキビ対策と効果的なケアを行っていきましょう。

 

 

【ニキビ対策と効果的なケアのための洗顔石鹸選び】

 

ニキビ対策&効果的なケアの第一歩は今出来ているニキビの状態・肌質を理解し、適切な洗顔石鹸を選ぶことです。

ドラッグストアーなどの店頭や通販のニキビケア用品のコーナーには様々な種類のニキビ用洗顔料がラインナップしていますが、ニキビ用洗顔料の中には刺激の強い物も多く肌状態によってはかえって症状を進行させてしまうことがあります。

 

 

ちなみに、ニキビを病気として認識されている方は少ないと思いますが、ニキビは「尋常性ざ瘡」という皮膚の病気です。病気は放っておくとドンドン進行してしまい、手当てが遅くなればなるほど厄介ですし、治療を始めても完治するまでに時間がかかるものです。

また、成人病予防に代表されるように病気は予防も大切!即ちニキビにも予防&治療が大切なのです。

ニキビを治療する?病院へ行かなくてはならないの?と首を傾げる方もいらっしゃるかもしれませんが、初期段階で適切な対処を行えばニキビは改善される、といわれています。

 

 

【自分で出来るニキビの対処法とオススメの洗顔石鹸】

 

初期段階のニキビであれば、「肌を清潔な状態に保つこと」「適切な洗顔石鹸を使い正しい洗顔を行うこと」で対処することが出来ます。

 

といっても、自分の肌質を良く理解できていない、脂性肌だと思い込んでいるけれど実はインナードライという方も居るため、まずは美容部員のいるコスメコーナーで肌質チェックを受けるなどして確認するのが良いと思います。そのうえで、肌質&ニキビの状態に応じた洗顔石鹸を選ぶのがベストだと思いますが、肌質チェックのために店頭に赴くのは面倒、という方もいるかもしれませんね。

 

 

そんな方には、普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌、敏感肌など肌質を問わず使うことが出来、ニキビの最大の原因といわれる毛穴の汚れをスッキリ落とすことが出来る「つかってみんしゃいよか石せっけん」がオススメです。

 

ちなみに、つかってみんしゃいよか石けんは既に出来てしまったニキビに効果があるだけでなく、予防効果もあるといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です