洗顔石鹸と洗顔フォームの違いを解説!

ws000253

 

洗顔料には、ペースト状、固形、パウダータイプ、クリームタイプ、リキッドタイプ……など色々な種類がありますが、「洗顔石鹸」と「洗顔フォーム」の2種類に大別することが出来ます。

 

 

みなさんはどちらを使用していますか?また、両者の違いを理解したうえで使用されていますか?

「洗顔石鹸と洗顔フォームの違いはなに?」と聞かれ、「石鹸は固形、固形でないものは洗顔フォームでしょ」と答える方も多いと思いますが、必ずしもそうとは限りません。例えば、CMでもお馴染みの「つかってみんしゃい よか石けん」はどうでしょう?固形ではありませんね。よか石けんは「練り」ですが洗顔石鹸です。このように、つかってみんしゃい よか石けん以外にも洗顔石鹸でありながら形状は固形でないものは他にもあります。

 

では洗顔石鹸と洗顔フォームの違いはなんなのか?それぞれの特徴と共に説明していきたいと思います。

 

【形状ではない!洗顔石鹸と洗顔フォームの大きな違いは成分にあり】

 

結論からいうと、洗顔石鹸と洗顔フォームの大きな違いは配合成分にあります。

 

      ・洗顔石鹸は、使用後つっぱるので出来れば使いたくない。

 

      ・洗顔石鹸はアルカリ性のものが多いので肌にダメージを与えそうなのでなるべく選びたくない

 

      ・洗顔石鹸は高い

 

      ・洗顔フォームは泡立ち&泡切れが良い

 

     ・洗顔フォームはチューブタイプやジャータタイプなど色々あるし持ち運びにも便利

 

 

こんな風に考えている方も多いことと思います。確かに、使用感が良く、さらに洗いあがりもシットリ潤うような気がする洗顔フォームは使い勝手も良いですしお肌にも優しいように思えるかもしれません。

 

 

ですが、本当に肌に優しいのは洗顔石鹸の方です。何故なら洗顔フォームには洗浄力を高めるために合成界面活性剤が配合されているからです。ご存知の方も多いと思いますが合成界面活性剤は細胞間脂質まで溶かしてしまうため健康な状態の肌にもダメージを与えてしまいます。即ち、細胞間脂質が溶けてしまうことによって肌に様々なトラブルが生じることになります。代表的なものとして、水分保持能力の低下に伴う乾燥肌・敏感肌を挙げることが出来ます。

 

 

一方、洗顔石鹸は洗浄成分を持ち合わせた火山灰シラスやマリンシルト、アロエ、緑茶などの天然成分が主成分となっており人工的に製造された洗浄剤が配合されていない、というのが一般的です。

 

肌本来が持つ再生能力を高め、活性化させる、という側面も持ち合わせている天然成分が入っている洗顔石鹸は、お肌に優しいだけでなく美しい肌へ導くことが出来る、と美容のプロも推奨しています。

ちなみに、体を洗う時に使う普通の石鹸と洗顔石鹸の成分を比べると大差はなく、洗顔に普通の石鹸を使っても特に問題はないといえるでしょう。

 

ただし、普通の石鹸には香料や保存料が配合されているものもあり、肌の弱い方、敏感肌の方は、肌荒れを起こす可能性があります。肌が弱い方が洗顔に普通の石鹸を使う際は、配合成分を確認のうえ使用されることをおススメ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です