洗顔石鹸の後に気をつけるべきアフターケア(保湿が大事なその理由)

ws000366

 

洗顔石鹸を使った後に必ずやるべきことは何か、というと・・・ズバリ、「しっかり保湿をすること」です。

なぜ、保湿が必要なのかというと・・・

 

わたしたちの肌の表面は、皮脂と汗が混ざり合った皮脂膜という、天然のうるおいの膜で覆われています。肌の汚れを落とすための洗顔は、汚れだけでなく皮脂も古い角質も洗い流されるため、肌が一時的に「むき出し」の状態になり、水分がとても蒸発しやすい状態になってしまうから、という大きな理由があります。

 

これは肌に優しい洗顔石鹸の場合も同じで、皮脂膜は必ず必要以上に洗い流れてしまいます。(洗顔フォームに比べればマシですが。洗顔フォームの方が皮脂膜が流れるワケを知りたい方はコチラ
ただし、ある程度の時間たつと、一般的に皮脂膜はまた形成されます。(乾燥肌や老化した肌は、形成により時間がかかります)

 

そこで、洗顔洗顔後は皮脂膜が少しでも早く形成されやすくする為に、化粧水や乳液によって、すばやくうるおいの膜をつくることが、とても大切なステップになります。

せっかく、洗顔石鹸できれいに汚れ落としをしても、その後に肌がカラカラに乾いてしまうと、「乾燥ジワによるくすみ」を生み出してしまいますし、さらに「いったん肌が乾燥しきってしまうと、スキンケア用品の有効成分が角質層の奥に浸透する前に、肌表面で乾いてしまう」という、最悪のデメリットまで生み出してしまうのです。

 

こうなると、どれだけいいスキンケア用品を使っていても、その有効成分の効果をまともに得ることはできなくなってしまうわけですね。

 

「ひび割れるほどカラカラに乾いた土壌に水をやっても、せっかくの水がなかなかその土壌に浸透しない、さらに、ヘタをすればほとんど浸みこまないままに水が蒸発してしまう」というのと似たような状況だと想像してもらえば、イメージが分かりやすいかもしれませんね♪

 

ですから、朝の洗顔後も、お風呂からあがった時も、まずはすぐに、保湿成分の入った化粧水をたっぷりと肌になじませる、ということを心がけて下さい。

ws000367

 

 

理想の洗顔後ケア

洗顔後、まずは水気を拭き取りますが、タオルの使い方も重要になってきます。
[point_box3 color=”blue”]タオルは強く押し付けない
タオルを強く押し付けると別の場所にニキビがあった場合に潰れる原因になる事があります。また肌を圧迫してしまい過度なパッティングのようになります。[/point_box3] [point_box3 color=”blue”]こすったりしない
肌をこすると摩擦が起きてしまい、肌を傷つけることがあります。[/point_box3] タオルを使って水気をとる場合でも押さえるようにしてやさしく水気を拭き取りましょう。

化粧水の馴染ませ方

化粧水は、顔の水滴をタオルでぽんぽんと押さえて吸い取ったらすぐに保湿化粧水をつける!!というくらいに早めにやるのがおすすめです。

「頭と体をちゃんと拭いてからでいいや」などとのんびりやっていると、拭き終わった頃には肌がすっかり乾いてしまう、ということにもなりかねませんので気をつけましょう^^

 

また、化粧水をコットンにつけて顔につけるよりも自分の手から顔につける方法(ハンドプレス)の方が肌に馴染みやすいでしょう。

手のひらに500円玉大を取ったら、両手でなじませて人肌にあたためます。両手で顔を包み込むようにして、なじませます。水気が無くなるまで、顔全体を両手で押さえていきます。しっかりなじむまで2~3分かかりますが、これで保水力は格段に良くなります。

 

乳液での最終バリアはかならずしましょう。

さらに水分の蒸発を防ぐために乳液を重ねます。こちらもハンドプレスで。量は手のひらに10円玉大。
顔全体にまんべんなく塗り、ひどい箇所には少し多めに乳液を塗りましょう。

このように化粧水と乳液をていねいに付けることで、洗顔後の肌のつっぱり感は簡単に解消できます。

※ちなみに、保湿に関するよくある誤解として「水分が蒸発しないように、素早く油分でフタをする」というのがあります。そのため、いきなりクリームをつける、なんて人もたまに居ますよね。

ですが、肌がうるおいを保つために必要としているのは「水分と保湿成分」です。ですから、油分たっぷりのクリーム等を使う前に、まず保湿成分がたっぷり配合された化粧水と美容液を惜しまず使うのが正解だ、ということを理解しておきましょう。
ちなみに、保湿に関するよくある誤解として「水分が蒸発しないように、素早く油分でフタをする」というのがあります。そのため、いきなりクリームをつける、なんて人もたまに居ますよね。
ですが、肌がうるおいを保つために必要としているのは「水分と保湿成分」です。ですから、油分たっぷりのクリーム等を使う前に、まず保湿成分がたっぷり配合された化粧水と美容液を惜しまず使うのが正解だ、ということを理解しておきましょう。
朝晩2回の洗顔後、このお手入れを続けることで、肌の潤い力は高まり、ニキビやシミ、シワといった肌トラブルにも良い影響を与えてくれます。
時間がないからと、化粧水をバシャッと付けて、なじませること無く、乳液を重ねてお手入れ終了…、これでは効果半減となります。

上記のルールをしっかりと守ってトラブル知らずの肌をキープしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です