無印の洗顔石鹸は種類がいっぱい!それぞれの特徴をまとめてみました!

img_0

無印良品の洗顔石鹸は種類がいっぱい用意されていますので、自身の肌質や好みの使用感によって選ぶことができます。

無印良品の洗顔石鹸はさっぱりタイプ、しっとりタイプ、高保湿タイプがあります。

3種類の特徴は?

1197

arrow_orangeまずさっぱりタイプの特徴は配合されているオイルにあります。

さっぱりタイプに洗顔に使用されている天然のオイルはアンズ果汁が配合されています。

きめが細かく弾力のある泡で天然のうるおい成分アンズ果汁がお肌を包み、優しくさっぱりとした洗い上がりが実現します。

 

arrow_orange次に無印良品の洗顔石鹸のしっとりタイプの特徴をみていきます。

先ほど挙げたさっぱりタイプの洗顔石鹸に配合されているのは天然うるおい成分のアンズ果汁でしたが、しっとりタイプでは天然のうるおい成分として2つの成分が配合されているのが特徴です。

またさっぱりタイプとの違いでもあります。それがアンズ果汁とオリーブ果実油の配合です。

ですからやさしくしっとりとした洗い上がりになります。きめの細かい弾力のある泡であるのは共通です。

 

arrow_orange最後に高保湿タイプの洗顔石鹸の特徴です。

高保湿タイプの洗顔石鹸もしっとりタイプと同様に配合されている天然のうるおい成分はアンズ果汁とオリーブ果実油です。

しかしこれまでのさっぱりタイプとしっとりタイプの泡の質の特徴に比べ高保湿タイプの洗顔石鹸はもっちりとした弾力のある泡が特徴です。

このもっちりとした泡がやさしくしっとりとした洗いあがりをもたらしてくれます。

無印良品の洗顔石鹸はどのタイプも無香料であり無着色、無鉱物油、アルコールフリーですのでお肌の敏感な方も安心して使用することができます。

使い心地の違いは?

1198
さっぱりタイプ、しっとりタイプ、高保湿タイプのどれもマイルドな洗顔石鹸です。

やわらかな泡を豊富につくるのに適しているのが同ブランドから出ている泡立てネットです。ぬるま湯を使用して石鹸を馴染ませたら、手またはネットで十分に泡立て使用してください。

これらの比較によりまとめて見えてくることは、さっぱりタイプとしっとりタイプで共通しているのが泡がきめ細かいという点です。が、前者は天然うるおい1種に対し後者は2種の配合により使用感に差をつけています。

高保湿タイプはしっとりタイプと共通した天然のうるおい成分ですが、泡の質が異なります。きめ細かい泡に対して高保湿というだけあって泡そのものがもっちりとした潤いに満ちた泡なのです。

サイズも価格もどのタイプも同じなのでその日の好みの使用感や季節において変わる肌質に変化をつけてよりあったタイプを選ぶことがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です