雪肌精の化粧水仕立てを通販で購入してレビュー

_D4V0143

雪肌精が注目されている理由

 


和漢の力で雪のように透き通ったくすみのない
美しく白い肌へと導いてくれるコーセーの美白シリーズ雪肌精。

1985年に誕生して以来、30年近くも美白を目指す方の強い見方として支持され続けている、

ロングセラーブランドということは以前から知っていましたが、

洗顔石鹸が今夏発売されたことを新垣結衣さん出演のCMで知りちょっと気になっちゃいました!

165a9e6bb96313bf471a79c5b81b0ae8-283x150

 

美白用のスキンケアアイテムは、

刺激が強いイメージがありこれまで使ったことがありませんでした。

ですが、「雪肌精 化粧水仕立て 石けん」について調べてみると

一般的な美白効果も狙える洗顔石鹸と違って肌への刺激が少なく

敏感肌の方でも愛用している方がたくさんいるようなので、

乾燥性敏感肌の私でも大丈夫かな?と試してみることに。

 

IMG_3687

届いた「雪肌精 化粧水仕立て 石けん」を早速使ってみようと取り出すと結構大きい!
100gの石鹸ってこんなに大きかったかしら?

雪肌精のLet’s泡比較!(実際に使ってみました♪)

 


IMG_3691

 

植物由来の石けん成分と、ハトムギ、トウキ、メロスリア、ドクダミ、リンゴエキスと

5種類の和漢植物エキスが配合されているという雪肌精 化粧水仕立て 石けん!

ホイップ&モイスト製法で作っているので泡立ちが良く、クリーミーで濃厚な泡をすばやく作れるのが特長、

というだけあってあわ立てネットを使わなくてもあっという間にキメ細やかでクリーミーなもっちり泡が出来ました♪

 

IMG_3690

吸着力はどうか?と手にとった泡を下に向けてみましたが落ちません!
これなら毛穴の奥に詰まった汚れをしっかり包み込み取除いてくれそうです。

 

泡立てた直後は、もっちりとしたボリューミーな泡でも

すぐにしぼんでしまう「泡」もあるので、

これはどうかな?とパックする前に皿におき実験してみました!

 

>>> スタート!

IMG_3692

 

 

>>> 14分後・・・

 

IMG_3711

「泡」の状態はこちら!

重み?で少し崩れはしましたが、泡の量・ボリュームは皿に置いた時とほとんど変わりませんし、

弾力&もっちり感も変わりません♪

 

これなら大丈夫、と顔にのせ3分ほど放置してから洗ってみたのですが、

洗い上がりはというと… ん?サッパリ!!!

「しっとりモチモチ」というわけではありませんが、

とくにつっぱった感じもなく、良い感じにサッパリ!

【まとめ】
とにかく「ふわふわの泡」で顔を洗いたい!という方には

この雪肌精の洗顔石鹸は超おすすめです!

ただ、

管理人は、この石鹸の香りは好きだったのですが、

匂いが少しきつい?と感じる方もいるのかも…。

KOSEから出ている「雪肌精」と、姉妹商品「肌潤石鹸」を比較!

 


_D4V0143  20121014e

KOSEが開発している有名な洗顔石鹸には『雪肌精』以外にも『肌潤石鹸』がありますが、ご存じでしょうか?

どちらも非常に人気の高いメジャーな石鹸ですが、今でも頻繁に、

「どっちも良さそうで違いが分からない」
「私の肌に合うのはどっち?教えて!」

という相談を受けます。

確かにどちらも優秀な美肌用洗顔石鹸ですが、
“どちらが本当に合っているのか?”が分からないというのは、自分の肌に合った洗顔石鹸を選んで美肌づくりを進めていきたい人にとっては死活問題ですよね。

そこでここではこの2種類の洗顔石鹸の違いを検証し、
どちらが最初に使用する石鹸としてオススメできるかについて結論付けていきたいと思います。

雪肌精と肌潤石鹸の違い

ではまず簡単に、雪肌精と肌潤石鹸の特徴を比較してみましょう。

雪肌精の特徴

_D4V0143
雪肌精は、シリーズ通してメロスリア・トウキ・桃の葉・柚子・ハトムギなど、
中国や日本で古くから用いられている和漢エキスを採用しており、
当然ながら、そのエキスは洗顔石鹸にも数種類配合されています。

そうした多数の植物由来のエキスと、雪肌精オリジナル配合の化粧水成分の効果で、
洗顔後の肌に化粧水や美容液が浸透しやすくなるとされています。

角質層の奥深くまで染み込んだ和漢エキスの成分が作用することで、
まるで雪のような美白を肌に与えることができます。

肌潤石鹸

20121014e
KOSEが開発した独自の美容成分“ライスパワーNo.11”を配合することにより、
米ぬかを代表とする日本古来の伝統的保湿剤を感じさせるような働きを見せるのが、肌潤石鹸の大きな特徴です。

豊富なペプチドやアミノ酸を持つライスパワーNo.11による肌弾力性の向上、
大豆発酵エキスによる肌質バランスのコントロール、
ビフィズス菌や乳酸Naによる肌の持つ保湿維持力の増強作用などから、
“潤い力アップ+コラーゲン生成”という2つの効果をもたらします。

またブースターバブルによって、洗顔後の皮膚を潤いの膜でプロテクトするため、
洗顔後のつっぱりが無くなります
ホイップクリームのような濃密な泡が立つのも特徴的で、
フワフワモチモチの泡により、石鹸を使った後のスキンケアアイテムの染み込みが断然良くなります。

大きく異なる点 トライアルセットの有無

maihada2

美白の雪肌精に、保湿&弾力性の肌潤石鹸。
この2種類の洗顔石鹸の現時点での大きな違いは、トライアルセットの有無です。

雪肌精は長年愛用されてきたシリーズだけに、近年では特にお得な情報も無いようですが、
米肌シリーズの肌潤石鹸は人気がピークに達している、まさに今が一番お得な時期とも言えます。

そのような背景もあり、米肌の肌潤石鹸では現在、
『潤い体感セット』として、洗顔石鹸を14日間じっくりとお試しできるコースが販売されています。

このコースでは洗顔石鹸の他、クリームや化粧水、シートマスクなどの豪華なプレゼントも付録。

洗顔石鹸後に本当に化粧水が染み込むのか?と不安に思われる方にとって、
非常にお勧めできるトライアル内容となっています。

結論 まずはこの洗顔石鹸から使ってみよう!

mococo
肌を潤す効果の高い石鹸は多くありますが、
初めて使う洗顔石鹸では本当に自分の肌が潤うのかが全く分かりません。

じっくり使用し、自分の肌との相性を見極めるためにも、お試しセットを活用するという手段は外せません

そうしたことも踏まえ、以上の検証結果から、
まず最初に使う洗顔石鹸としては、『肌潤石鹸』をオススメしたいと思います。

⇒KOSEの米肌「肌潤石鹸」のトライアルセットを試してみる♪