沖縄の泥くちゃ対決!人気の商品を徹底比較してあなたに合う泥洗顔の選び方をご紹介!

SONY DSC

 

沖縄の自然由来成分が配合されている、いわゆる「沖縄コスメ」が大注目!

沖縄の海底で取れる泥成分である「くちゃ」や

もずくやサンゴなどが美容成分が高いと話題沸騰!

特に、沖縄コスメは

 

・汚れの落ちが良い

・毛穴対策に抜群

・美白効果が高い

 

である事が特徴的なのですが、特におすすめは泥洗顔!

沖縄の海底の泥の質はトップクラス。

沖縄コスメをスタートするなら泥洗顔が今イチオシ!

そんな沖縄コスメでもトップを争う2種類の泥洗顔の使用感や効果を比較してみました♪

 

SONY DSC

 

今回比較するのは

 

・沖縄の海が育んだ泥洗顔フォーム

・いるじゅらさ

 

の2商品。

この2つの洗顔には沖縄の自然由来成分がたっぷり配合!

特に、沖縄の海が育んだ泥洗顔フォーム(以後沖縄の海)にはサンゴ粉末が配合されている為、

毛穴汚れを吸着。毛穴レスの肌に最も近づきやすいと今SNSでも話題なのです。

そして負けず劣らずのいるじゅらさ!

「泥洗顔の最高峰」と言っても過言ではない質感・効果・しっとり感が人気の商品。

この2つの泥洗顔を比較します。

水色バナー化粧品沖縄の海 水色バナー化粧品いるじゅらさ

SONY DSC

 

まずは、洗顔料の形状!

左が沖縄の海で右がいるじゅらさです。

 

~沖縄の海~

SONY DSC

・パールがかった洗顔料

・爽やかな香りが特徴的

 

 

~いるじゅらさ~

SONY DSC

・ホイップクリームのような純白

・柔らかく独特の泥感が特徴的

 

 

 

この2つの洗顔料の共通成分は

 

・水

・グリセリン

・ラウリン酸(ココナッツオイルやパーム核油に含まれる脂肪酸。抗菌・抗炎症作用を持つ)

・BG(高い保水性を持ち、肌をしっとりさせる成分。抗菌作用もあり。)

・ステアリン酸(美肌効果が高い成分)

・コカミドプロビルベタイン(天然成分の界面活性剤。天然なので安全かつ肌がしっとりする成分)

・オキナワモズクエキス

・アロエベラ葉エキス

・ゲットウ葉エキス

・シイクワシャー果皮エキス(シークワーサーの事)

 

です。

さすが人気沖縄コスメ。

沖縄の自然から採取出来る成分で

美容効果が高い物をしっかり使用しているからか

被っている成分が多いです。

泥洗顔同士でもここまで同じ成分が被る事って少ないんですよね。

また、○○酸と書いてあるので「あまりよくない成分なのかな?」と思って

調べたのですが、全て天然だったり、植物由来の成分で

合成成分でないので安全かつ質の良い洗顔と言う事も判明♪

 

SONY DSC

 

左が沖縄の泥、右がいるじゅらさ!

沖縄の泥はよくありがちな洗顔フォームと一緒!

洗顔料も適度な柔らかさなので出しやすい。

いるじゅらさは泥洗顔にありがちなパウチタイプ。

大き目キャップなので開けやすく出しやすい。

思いきって出さなくてもスっと出てくるので

分量や加減調節がしやすそうです♪

 

 

~検証:両手で実際洗い上がりや質感を比べてみた~

 

・今回協力してもらうのは、私ではなくて主人!

→美容に全く興味がない人の方が下手な予備知識が無いので率直な感想を引き出しやすい為(笑

 

・左手に沖縄の泥、右手にいるじゅらさ

・先ほどのお皿に乗せて撮影した洗顔料をそのまま泡立てネット泡立てて洗う

・左右の手に2つの種類が混ざらない様に実験中手を一切他の物と触れないようにする。

すなわち主人の手を洗うのは私の手←

 

SONY DSC

こちらは左手。この手に沖縄の泥を泡立てて乗せて手を洗います。

 

 

 

SONY DSC

 

「ふわっふわやな~!これ!」

というおじさん。

そう、この感想が聞きたかった!

泡を転がすように手の甲を1分程洗います。

 

SONY DSC

洗い流したafterがこちら。

主人いわく、

「泡がふわふわで滑らかな感触がいい。さっぱりした泡の割にはしっとりしてる。

なんか心なしかスーっとする」

だそうです。

SONY DSC

 

お皿に出したあの量でどの位泡立つのでしょうか。

SONY DSC

 

「多いな、これ。泡が掴める位のしっかりした泡って感じ」
何かコメントしないと白い目線が飛んでくるので必死な男です←
1分位モコモコと洗う私。

 

主人「ねぇ、どうせ洗ってくれるならさ、ハンドマッサージとかないの?」←…は?

私「そちらは追加1500円のオプションとなります~。ありがとうございます~。」

主人「もう1分たったよ」

さぁさぁ、泡も会話も水に流しましょう。

 

SONY DSC

 

「泡切れめっちゃ良いね。これ。しかも手めっちゃ綺麗にモチモチなった」

 

との事。

どっちの手の洗顔が好み?と聞いたら

「最初の方。今洗ったのは確かに綺麗になるけど

最初の方が洗った後の感じと泡のふわふわ感が好きだった」

どうやら沖縄の泥の方のさっぱり感というか、軽い感じがメンズ受けは良い見たいですね!

 

~実際に私が顔を洗って比べてみた~

 

洗い上がりのしっとりさ

 

N4ppfqYJflwQgf31476171527_1476172050沖縄の泥は間違いなく泡が軽い!コロコロコロ~と軽々行きます。

洗った後は普通に洗顔をしたような感覚。

だけど毛穴の汚れはちゃんと落ちています。

ポツポツ汚れ残りなどが無く、毛穴に詰まった感覚はなし。

しかし、いるじゅらさは想像を超えるしっとり感!

洗った後に肌が極上の柔らかさを前面に出してきます。

びっくり!沖縄の泥とは桁外れのしっとり感です。

 

 

泡のキメ細やかさ→

N4ppfqYJflwQgf31476171527_1476172326さすが泥洗顔。2つともキメの細かさは断トツです。

泡立てネットで少しクルクルしただけでもう上質なふわふわもこもこの泡が出来ます。

水分が多すぎてシャビシャビになる事もなし。

逆さまにしてもそのまま留まってくれます。

洗い上がりの即効性や肌の洗浄効果

N4ppfqYJflwQgf31476171527_1476172050いるじゅらさは洗顔後にワントーン明るくなるのをしっかりと確認出来ます。

即効性が高い!

一方、沖縄の泥は正直すぐには感じられません。

しかし何日が続けて使用すると

3日.4日目ぐらいで顎や鼻の頭の黒ずみがキレイになります。

翌朝の肌の白さやキメの違いをしっかりと感じられるようになりました。

使いやすさ

N4ppfqYJflwQgf31476171527_1476172168パッケージがチューブタイプなのでダントツで使いやすいです。

泥洗顔のパウチタイプは、中身が少なくなると口の部分に洗顔料が詰まってしまう為

使いにくいのがデメリットなんですよね。

泥洗顔特有の重たさもありますし。

その点、沖縄の泥はチューブタイプなので少なくなったら口を下向きにして何回か振ると

重力で全部入口に集まってくるので最後まで使えます♪

コスパ

N4ppfqYJflwQgf31476171527_1476172050手の実験での写真でもわかるように、泡立ちの量が断トツ。

あの少量であそこまで泡立つのでかなりコスパは抜群だと思います。

「質の良いものをリーズナブルに使う」これが一番♪

 

香りの良さ

N4ppfqYJflwQgf31476171527_1476172168いるじゅらさは匂いがしません。無臭です。

一方沖縄の泥は爽やかな柑橘系の香りがします。

この香りが本当に良い!

後でつけたようないやらしい香りではなく、自然にさわやかにスーっと香るタイプです。

しかもシークワァーサーの香りなので、オレンジやレモンと違って

爽やかすぎたり、後に残って気持ち悪くなったりしません。

「この香りがちょっと…」って言うような香りならばいるじゅらさを勧めましたが

この香りの良さは沖縄コスメならでは。

しかもその中でもかなりの高得点な香りだと思います。

 

 

洗顔料の硬さ

N4ppfqYJflwQgf31476171527_1476172326いるじゅらさの方が、泥洗顔の方でも軽い方なのですが

やはり泥洗顔らしいねっとり感があるかもしれません。

しかし、2種類とも使いやすい柔らかさです。

どっちも合格ラインの柔らかさでした。

 

 

~こんな人はこっちをチョイス~

 

SONY DSC 沖縄の泥

  • 思わず香りを嗅ぎたくなるような爽やかさを体験したい
  • 洗い上がりは割とスッキリ感が欲しい
  • 泥洗顔程濃いのは嫌だけどしっかり毛穴汚れを落としたい
  • 泡は濃厚さよりも軽さ重視。でもきめ細かい泡で洗いたい
  • 毎日使う物だから使いやすいタイプの洗顔が良い

 

 

SONY DSC いるじゅらさ

    • 洗顔料は無臭派。せっけんの香りも実はあまり得意ではない。
    • 洗った後に手が吸い付く程のしっとりさを体感したい
    • 泥洗顔といったりホイップの泡!
    • 洗顔は良い物を使用したいけど、そこまでコストを掛けられないからコスパが良い物が使いたい
    • やっぱりデザインは可愛い物の方がテンションあがる

 

沖縄コスメの泥洗顔デビューの際には是非参考にして見て下さい♪

以上、体験レポートでした!

水色バナー化粧品沖縄の海 水色バナー化粧品いるじゅらさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です